HOME メンバー&パートナー

メンバー&パートナー:ソーシャル・インベストメント・パートナーズ / Social Investment Partners

メンバー

共同代表理事 白石 智哉
白石 智哉(フロネシス・パートナーズ株式会社 代表取締役 CEO/CIO)
1980年代から一貫してプライベート・エクイティ投資に従事。企業の潜在力を引き出し持続的な成長をはかる「成長型投資」を基本戦略として、日・米・アジアにおいて豊富な投資実績をもつ。(株)ジャフコで事業投資本部長を務めたのち、2009年まで欧州系投資会社ペルミラ (Permira)の日本代表を務めた。東日本大震災以降、被災地企業への財務・経営支援を行い、2012年に日本初の本格的ベンチャー・フィランソロピー組織であるソーシャル・インベストメント・パートナーズ (SIP)を設立、社会事業の育成支援を行う。2014年より中小企業向け投資育成会社フロネシス・パートナーズの共同代表を務める。SIPと日本財団が共同運営する日本ベンチャー・フィランソロピー基金 (JVPF)の選定委員。G8インパクト投資タスクフォース国内諮問委員。放課後NPOアフタースクール理事。1986年一橋大学法学部卒。
高槻 大輔
高槻 大輔(シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン(CVC)取締役プリンシパル)
世界最大級の投資会社であるカーライル・グループおよびCVCにおいて、17年に渡って6,000億円を超えるプライベート・エクイティ投資・投資先経営支援に従事。財務省国際局(出向)、海外経済協力基金にて発展途上国向け援助にも携わった。認定NPO法人フローレンス理事(前任)、認定NPO法人発達わんぱく会理事(現任)。ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京設立時よりパートナー、SIP設立時より理事。東京大学法学部卒、米スタンフォード大学経営学修士 (Certificate in Social Entrepreneurship)、米日財団Scott M. Johnson Fellow。
常務理事 野宮 博
野宮 博(株式会社クロスポイント・アドバイザーズ 代表取締役)
1974年三菱商事入社。1981年欧州経営大学院(INSEAD)でMBA取得。1990年、MCFファイナンシャル・サービス(ロンドン)社長に就任。1996年よりプライベート・エクィティ(PE)ファンドのリップルウッド・ホールディングス(ニューヨーク)のInvestment Executiveに就任。1999年には同社の日本でのPEファンド立ち上げの創業メンバー。2005年RHJIインターナショナル(日本)の代表取締役に就任。2012年同社を退任し、株式会社クロスポイント・アドバイザーズに参画。2016年より現職。2012年よりAsian Venture Philanthropy Network (シンガポール法人)の社外取締役。
理事 小林 和成
小林 和成(キャピタル・ダイナミックス株式会社 代表取締役社長)
1984年三菱商事株式会社に入社。1990年以降、6年間の英国駐在を含め20年以上に亘り、M&A、プライベート・エクイティ(PE)投資などの実務に携わる。2010年グローバル・PEファンド・オブ・ファンズ・マネージャーのキャピタル・ダイナミックスに入社、アジア事業を統括。一橋大学経済学部卒業。
鈴木 栄
鈴木 栄
2019年より、社会的事業の変革と成長を支援するため、SIPの理事50%、企業の経営コンサルティング50%のワークスタイルを実施。2013年から2018年まではKKRキャップストーンのマネージングディレクターとしてKKRの投資先企業の成長と変革を支援。それ以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナーとして主に、製造業やサービス業の企業における業務改善やグローバルマーケティング戦略策定と実行のコンサルティングに12年間従事。また、ZSアソシエイツにて製薬・医療サービス企業のコンサルティング、グローバル・フレイト・エクスチェンジにおいて航空貨物の取引用ITサービス、ゲートウェイ・ジャパンにおいてオンラインセールスや経営企画を担当。カリフォルニア工科大学にて化学の博士号、リード大学にて学士号修得。
井上 英之
井上 英之(慶應義塾大学 特別招聘准教授)
アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、NPO法人ETIC.に参画。2001年より日本初のソーシャルベンチャー・プランコンテスト「STYLE」を開催するなど国内外の社会起業家育成・輩出に取り組む。2003年、ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京を代表として設立。近著論文に、「コレクティブ・インパクト実践論」(ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー、2019年2月号)。慶応義塾大学卒、ジョージワシントン大学大学院卒。ダボス会議Young Global Leader選出。
森本 千賀子
森本 千賀子(株式会社morich 代表取締役)
獨協大学外国語学部英語学科卒。1993年リクルート人材センター(現リクルートキャリア)に入社。転職エージェントとして、大手からベンチャーまで幅広い企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援サポート全般を手がける、2012年 4月株式会社リクルートエグゼクティブエージェントに転籍。2017年株式会社morich設立、代表取締役 兼 All Rounder Agentに就任。同年10月に独立。
放課後NPOアフタースクール理事、その他数社の社外役員や顧問、ママ起業家大学・東京ワーキングママ大学・日本女子経営大学院講師など。2男の母。
Yuki Inoue
井上 有紀(一般社団法人イノラボ・インターナショナル共同代表)
慶応義塾大学大学院卒業後、革新的な社会起業の「スケールアウト」(他地域拡散)をテーマに、リサーチやコンサルティングの他、国際ネットワークの共同創設やフォーラムの開催など、社会起業セクターの生態系づくりに従事。スタンフォード大学(Center on Philanthropy and Civil Society)客員研究員、クレアモント大学院大学ピーター・ドラッカー・スクール・オブ・マネジメント客員研究員、慶應義塾大学大学院非常勤講師などを経て、現職。社会のシステム変化理論であるU理論と、ダンスや表現アートなど、体を使った変容を組み合わせた、個人や組織の変化を導く手法「ソーシャル・プレゼンシング・シアター」公認シニア・ティーチャー。NPO法人ミラツク理事。
投資・支援担当
半田 希美
2016年ゴールドマン・サックス証券株式会社入社。電子部品銘柄・テクノロジー業界のアナリスト業務に携わる。2018年4月よりSIPに参画。東京大学教養学部卒業。
事務局 成瀬 久美
成瀬 久美 渉外・広報担当
大手金融機関、テレビ局勤務等を経て2010年より独立。広報・渉外・調停を得意とし、現在は、メディア業と海外要人のエージェント業を主軸とするエターナルボーテ株式会社、ホスピタリティをテーマにした各プロデュース業、社会支援事業を行う一般財団法人日本ホスピタリティ財団、音楽文化事業と社会事業を組み合わせたプラットフォームTaiYou Symphony-太陽交響曲-の代表を務める。ベンチャー・フィランソロピーの理念に大いに共感し、2018年2月よりSIPに参画。東洋英和女学院大学社会科学部卒。
下田 聖実
下田 聖実
BloombergやKPMGにてESG投資に関するアナリスト業務に従事。その後、日本ファンドレイジング協会にて社会的インパクト投資・評価業務を行い、2017年8月よりSIP事務局に参画。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。
監事
神田 英一
(クリフォード チャンス法律事務所(外国法共同事業)
 シニアパートナー)
アドバイザー
奥本 真一郎
(北斗産業株式会社 代表取締役社長)
渋澤 健
(コモンズ投信株式会社 取締役会長)
Douglas Miller
(European Venture Philanthropy Network 創立者
 Asian Venture Philanthropy Network 会長)
服部 美奈子
(フィンズベリー マネージングディレクター)
小塙 卓
(農林中央金庫 営業企画部部長)
平岩 国泰
(放課後NPOアフタースクール 代表理事)
伊藤 健
(慶應義塾大学 特任助教/AVPN地域統括 (東アジア))
柴田 優
(元JPモルガン 投資銀行本部 副会長)

パートナー

プロボノパートナー
(業務提携先)
クリフォード チャンス法律事務所(外国法共同事業)
(法律事務所)
ベイン・アンド・カンパニー
(戦略コンサルティング)
ボックス・グローバルジャパン
(PRコンサルティング)
EY Japan
(プロフェッショナルファーム)
基金運営パートナー 日本財団
(公益財団法人)